独立行政法人水産総合研究センター「西海区水産研究所」

イベント情報

来場御礼 第14回西海区水産研究所亜熱帯研究センター一般公開(平成26年10月25日開催)

10月25日(土)に西海区水産研究所亜熱帯研究センター一般公開を開催しました。毎年恒例のイベントではありますが,昨年は台風接近のため残念ながら中止となっておりました。今年は幸いにも晴天に恵まれ,八重山郡内で他の催しが多く開催されていたにも関わらず,合計で358名の方々にお越しいただきました。

今年は定番の研究パネル紹介,クイズラリー,タッチプール,藻場水槽,石垣島周辺に生息する魚介類の水槽,動物プランクトン,タイマイの展示に加えて,今年施行されたヤシガニの保護条例を広く知ってもらうためのヤシガニの展示,さらに来場者に実際に参加してもらう企画として,魚の絵が入ったプラ板作り,スジアラの体色アンケート,名波主任研究員による講演会「サンゴ礁にくらすブダイ 7つのひみつ」を行いました。講演会は当初午前と午後の2回の予定でしたが,ブダイが八重山地方で身近な魚であることから聴講希望者が多く,急遽臨時講演を追加し合計7回の講演で154名の方に聴講いただき,大盛況でした。水産総合研究センターのイメージキャラクター「あんじぃ」も子供たちに大人気でした。
一般公開を通じて地域の方々に楽しみながら海の生き物,そして当研究センターの役割について関心を持っていただけたのではないかと思います。

ご来場いただいた皆様に心からお礼申し上げます。

当日の様子※写真をクリックすると拡大画像が表示されます。

写真
写真